菊芋で腸活はじめませんか?〜生命力の塊「菊芋」のパワーを徹底分析!

 

菊芋をご存知でしょうか?
おそらく知らないと答える方が多いと思います。それもそのはず、菊芋は珍しい植物だからです。

 

今回ご紹介する菊芋ですが、なんと除草剤を撒いても枯れないのです!
すさまじいパワーを感じませんか?
今回はこの「菊芋」を徹底分析して、そのパワーの秘密に迫ってみたいと思います。

 

菊芋とは

 

名前は「芋」ですが、実はキク科ヒマワリ属の多年草です。北アメリカ原産です。
和名である「菊芋」は花が菊に似ていることからつけられました。
「芋」と名前にはありますが、基本的にキク科の植物なので、でんぷんはほとんど含まれていません。

 

菊芋の栄養成分

 

菊芋に含まれる栄誉成分は下記になります。

  • イヌリン
  • フルクトース(果糖)
  • グルコース(ブドウ糖)
  • 食物繊維
  • プロテイン
  • ミネラル
  • ポリフェノール
  • カリウム

この中で特筆に値する成分は「イヌリン」です。

 

このイヌリンは果糖の重合体で栄養成分表示では食物繊維に分類されています。
イヌリンは水溶性食物繊維です。
イヌリンは主にキク科の植物の根っこに含まれる栄養です。

 

基本的にイヌリンが含まれる植物にはでんぷんは存在しません。
その代わりにこのイヌリンが多く含まれているのです。
イヌリンを含む植物は他にたんぽぽ・ごぼう・ダリア・チコリなどキク科の植物が主流です。
しかし、この中でも菊芋はダントツにイヌリンの保有量が多いのです。

 

菊芋の効能

 

便秘の改善

イヌリンは体内に入ると、菊芋に含まれるイヌラーゼという酵素によって分解されてフラクトオリゴ糖になります。
フラクトオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサになってくれます。
ですから、腸内環境が向上して便秘に対して効果が期待できます。

 

血糖値の上昇を抑える

菊芋に含まれるイヌリンは「天然のインスリン」と呼ばれています。
そのくらい血糖値を抑制する効果が高いのです。

 

菊芋を摂取した臨床実験の結果では、血糖値が170mg/dl以上の人は平均して66mg/dl減少しています。
125mg/dl以下が正常値ですので、菊芋を摂取するだけで、血糖値が正常化する結果になっています。

 

中性脂肪の減少

菊芋を摂取した臨床実験の結果では、中性脂肪が220mg/dl以上の人は平均で132mg/dlも減少しています。
150mg/dl未満であれば正常値ですので、菊芋を摂取するだけで、中性脂肪が減少する結果となっています。
まさに医者いらずの驚異的な効果です。

 

血圧の上昇を抑制

菊芋に含まれるカリウムは体内のナトリウムを排泄する役割があります。
このため、高血圧予防にも菊芋は効果が期待できます。

 

ダイエット効果(メタボリック防止効果)

菊芋を摂取した臨床実験の結果では、メタボリックに効果があることがわかっています。
急激な体重の減少などは見られませんが、胴回りや太もも周りなどが緩やかに減少しています。

 

このほかにも腸内環境の改善からの免疫力の向上といった効果も期待できます。
その結果アトピー体質が改善されることが期待できます。
菊芋はまさにミラクルな食物なのです。

 

なぜ便秘に菊芋が効くのか?

 

イヌリンは体内に入ると、菊芋に含まれるイヌラーゼという酵素によって分解されてフラクトオリゴ糖になります。
このフラクトオリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌をの「えさ」になってくれます。

 

結果として、腸内に善玉菌が増えるため、腸内環境が活発になります。
ですから便秘に効果が期待できるだけではなく、便秘の防止にもなってくれる可能性を秘めているのです。

 

体験談では菊芋を摂取し始めて1週間はおならがたくさん出る・軟便が続くといった症状が起こるとの報告があります。
摂取し続けていると、便の状態も正常になり、においがなくなっていくとのことです。
腸内環境が活発化して、その後安定化したものと考えられます。

 

菊芋を長期的に摂取することで、腸内環境が良いままの状態を保つことができます。
ですから「便秘知らず」になるのは当然の帰結と言えましょう。

 

菊芋の食べ方

普通に調理して大丈夫ですが、せっかくの「イヌリン」を十分摂取できるように下記のことには注意が必要です。

 

  • イヌリンは水溶性ですので、煮た場合は汁まで飲むこと
  • あく抜きで酢にさらした場合はイヌリンの効果が薄れてしまうので手早く水気を切ること

 

オススメ料理
きんぴら

同じキク科のごぼうもきんぴらで美味しく食べられます。
ですから菊芋も当然美味しく食べることができます。
ごま油の風味が「えぐみ」を消してくれますので、オススメです。

 

天ぷら

衣をつけてあげることでイヌリンの流出を防ぐことができます。

 

天日干しをしてチップス状にする

菊芋は腐りやすいので、保存ができる天日干しがオススメです。

 

菊芋の栽培

菊芋は保存に適さない食品です。すぐ腐ってしまいます。
ですから、そのデメリットを解消するために、ご家庭で栽培することをオススメします。
収穫期に一気に採取せずに、食べる分だけ収穫することができるため、長期間「生」の菊芋を食べることができます。

 

基本的な栽培方法はジャガイモと同じです。
根を収穫するため、プランター栽培には向きません。

 

菊芋サプリの選び方

菊芋は一年中収穫できる植物ではありません。
しかも、プランターでの栽培には不向きのため、マンションなどにお住まいの方は栽培も困難かと思います。
そこでご提案ですが、乾燥チップスやサプリを利用してはいかがでしょうか?
これなら、1年中しかも「手軽」に菊芋を摂取することが可能です。

 

その場合はせっかくの健康食品ですので、以下の点に注意しましょう。

  • 無農薬で栽培されているのか?
  • 収穫してすぐに加工されたものなのか?
  • 加工している工場は信頼できるところなのか?
  • 添加物は含まれていないのか?

 

信頼できるところのサプリを選択しないと、せっかくのイヌリンの効果を享受することができません。
細心の注意を払って良質なサプリを選びましょう。

 

菊芋の驚異的なパワーがどこにあるのか、皆様お分かりいただけたでしょうか?
その効果は腸内環境の改善にとどまりません。この魅力的な「菊芋」を毎日摂取して腸内環境を整備していきましょう。

関連ページ

オシャレ野菜チコリに優れた便秘解消効果があるって知ってた?!
イタリアンやフレンチのサラダなどに入っている、オシャレ野菜チコリに便秘を解消する優れた効果があるというのです。
ミント温湿布で腸内フローラ改善?!やり方も合わせてご紹介!
便秘の解消に効く「ミント温湿布」についてご紹介しましょう。ミント温湿布のやり方についても説明します。
腸内フローラを整えろ!ビフィズス菌bb536の驚くべき効果
森永乳業により発見されたビフィズス菌bb536の効果について解説します。

このページの先頭へ戻る