ビフィズス菌bb536の効果

 

ビフィズス菌bb536

bb536は、正式には「ビフィドバクテリウム ロングム bb536」 という名前のビフィズス菌です。
bb536 は、経口摂取で、生きたまま腸まで届くという特徴があります。

 

ビフィズス菌bb536は1969年に森永乳業により発見されました。
ビフィズス菌には人に住むビフィズス菌と、動物に住むビフィズス菌がいますが、ビフィズス菌bb536は人に住むビフィズス菌です。

 

ビフィズス菌と乳酸菌

 

あまりよく知られていませんが、乳酸菌とビフィズス菌の違いは、乳酸菌は糖を分解し、50%以上の乳酸を作り出す菌で、一方、ビフィズス菌は糖を分解し、乳酸と酢酸を作り出す菌だというところです。
また、乳酸菌は酸素があっても生育できますが、ビフィズス菌は酸素があれば生育できません。

 

ビフィズス菌は腸内に住む善玉菌で、その数は1〜10兆個にも達します。ビフィズス菌は32種類ほどあり、人の体内では10種類程が確認されています。

 

乳児の腸内には、腸内細菌の99%以上の割合でビフィズス菌がいますが、加齢と共に減少し、60歳頃には1%以下の割合になってしまいます。
そこで生きたまま腸に届くビフィズス菌bb536の経口摂取が大切になってきます。

 

ビフィズス菌bb536の効果

 

整腸作用

ビフィズス菌が作り出す酢酸は殺菌力が強く、大腸菌などの悪玉菌の数を抑制する働きがあります。
ビフィズス菌bb536は腸内環境を整え、便秘を改善します。

 

大腸がん予防作用

そして腸の粘膜を保護し、悪玉菌により発がん性のある有害物質が作り出されるのを防ぎます 。

 

感染防御作用

腸内環境が整うと、免疫力が高まり、細菌やウイルスから体を守る働きが強くなります。
ビフィズス菌bb536は病原性大腸炎O157やインフルエンザの発症を予防する働きがあります。

 

抗アレルギー作用

免疫力が高まれば、体内の免疫バランスが改善し、花粉症などのアレルギー症状を緩和します。

 

潰瘍性大腸炎の緩和作用

ビフィズス菌bb536はコレステロールを低下する効果や、大腸の粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎の症状を緩和する働きがあるのも認められています。

 

骨強度増強作用

ビフィズス菌bb536の整腸作用はカルシウムの吸収を助けます。
カルシウムと一緒にビフィズス菌bb536を摂取することにより、骨が増強する作用が得られます。

 

このようにビフィズス菌bb536はさまざまな健康上の効果があります。
その上、ビタミンB群やビタミンKを合成し、肌荒れを防止する美肌効果も期待できるのです。

 

普通のヨーグルトは、乳酸菌のサーモフィラス菌とブルガリア菌で発酵させて作られています。
ビフィズス菌入りのヨーグルトは、更にビフィズス菌を加えて発酵させます。
ビフィズス菌入りのヨーグルトは、普通のヨーグルトに比べ、整腸作用がより一層高くなります。

 

食品として摂取したビフィズス菌は、しばらくは腸内に留まりますが、やがて排出されます。
できれば毎日摂りたいですね。そのためには、サプリメントで摂取する方法も選択のひとつです。

乳酸菌ls1の効果【虫歯に効果的な乳酸菌】

 

乳酸菌ls1とは?

乳酸菌ls1は人の口の中にいる乳酸菌です。
乳酸菌ls1は善玉菌として、口の中の歯周病の原因となる悪玉菌の数を減らし、口腔内の細菌のバランスを整える働きがあります。

 

乳酸菌は、糖分を分解し乳酸を作る菌ですが、 ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれている乳酸菌が腸内で働くのに対し、乳酸菌ls1は口の中で働く乳酸菌です。
それぞれ役割が違いますので、ヨーグルトや乳酸飲料を摂取しても、それらに含まれている乳酸菌は口の中では働きません。

 

歯周病と口臭

口臭の大きな原因は歯周病だといわれています。
現代の日本では、35歳以上の約80%が歯周病にかかっているといわれる程、深刻な状況です。
歯周病は加齢と共に罹患率が増えます。また、糖尿病や、免疫力が低下していると歯周病にかかりやすくなります。

 

歯周病菌が出す毒が細胞を壊すことにより歯周病にかかります。
そしてジンジバリス菌という歯周病菌が口臭の原因になる菌です。

 

この菌を減らすのが乳酸菌ls1です。

 

乳酸菌ls1の効果

 

乳酸菌ls1は誰の口の中にも住んでいます。乳酸菌ls1を摂取することにより、口の中の悪玉菌の働きが弱まり、毒となる物質が作られるのを防ぎます。
口の中の細菌のバランスが整うと、歯周病を改善する効果が高まり口臭が減ります。

 

乳酸菌ls1は口の中で乳酸を作りますが、乳酸の濃度がある程度増えると死んでしまいます。
従って、乳酸菌ls1の摂取により、口の中が酸性になり、虫歯になるのではという心配はありません。
口の中は中性に近い健康な状態に保たれ、歯周病や口臭が改善されるのです。

 

乳酸菌ls1はミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌の数自体を減らす効果はありません。
しかしその増殖を抑える効果は認められています。

 

また、ミュータンス菌が作る不溶性グルカンと呼ばれる歯の表面に粘着する物質が作られるのを抑える働きがあり、虫歯の発症を抑えるのに役に立つと期待されています。

 

乳酸菌ls1の摂取

 

乳酸菌ls1は現在のところ、ヨーグルト製品には含まれていません。
従って、乳酸菌ls1を摂取できる方法は、サプリメントだけに限られます。

 

乳酸菌ls1サプリメントは、大人から子供まで摂取できるタイプのものがあります。
サプリメントは、出来れば継続して摂取すると、より効果的だといわれています。

 

歯周病や虫歯は、口の中を清潔に保つことが何よりも大切です。
乳酸菌ls1の摂取だけではなく、普段から食後には歯磨きをしっかりと行う習慣をつけることが必要です。
また、喫煙、ストレス、睡眠不足なども口臭の原因となります。
日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。

関連ページ

菊芋で腸活はじめませんか?〜生命力の塊「菊芋」のパワーを徹底分析!
生命力の塊「菊芋」で腸内フローラを改善してみませんか?菊芋の魅力に迫ります。
オシャレ野菜チコリに優れた便秘解消効果があるって知ってた?!
イタリアンやフレンチのサラダなどに入っている、オシャレ野菜チコリに便秘を解消する優れた効果があるというのです。
ミント温湿布で腸内フローラ改善?!やり方も合わせてご紹介!
便秘の解消に効く「ミント温湿布」についてご紹介しましょう。ミント温湿布のやり方についても説明します。

このページの先頭へ戻る