イヌリンのダイエット効果に大注目!さらにこんな効果も!

 

ゴボウやニラ、キクイモに含まれる食物繊維「イヌリン」をご存知ですか。
このイヌリンのダイエット効果に注目が集まっています。
イヌリンの持つ作用とダイエット効果について解説します。

 

イヌリンってなに?

ダイエットで常に注目を集めるのが食物繊維です。
食物繊維が大事だとはわかっていても、実際にどんな物質なのかはご存知ですか?

 

食物繊維というのは、食品に含まれていて人間の消化器官で消化ができないものの総称です。
水に溶けない不溶性食物繊維と、水には溶けるけれど消化されない水溶性食物繊維を含みます。

 

不溶性食物繊維の代表として知られるのはおからなどに含まれる「セルロース」、水溶性の代表格が果物に含まれる「ペクチン」。
今回取り上げた「イヌリン」は、水溶性食物繊維に含まれます。

 

不溶性と水溶性の食物繊維にはそれぞれ特徴があり、どちらも便秘に効果があることが良く知られています。
不溶性の食物繊維は胃や腸の中で水を吸ってふくらみ、排便をスムーズにしてくれる働きがあります。
水溶性食物繊維は水に溶けてしまうので、不溶性のように便のカサを増して排便を助けるわけではありませんが、そのものがゲル状になって不純物を包み込み、毒素や余分な栄養素をスムーズに排出するデトックス作用を持っています。

 

イヌリンは、特に胃や腸の中で水分を取り込みゲル状になりやすいことが判っています。
ゲル状になるときにまわりの物質を吸着するため、一緒に食べた脂質や糖質を包み込み、吸収されにくい状態にしてくれます。
そのまま腸に運ばれて一緒に排出されるため、腸による吸収も抑制されます。
これがイヌリンのダイエット効果の大きな特徴の一つです。

 

さらにこんな効果も!

イヌリンのダイエット効果はこれだけではありません。

 

腸内の環境を整える

ほとんどの食物繊維は単に体外に排出されるだけですが、イヌリンは腸で分解されるとオリゴ糖に変わるという特殊な性質を持っているのです。

 

オリゴ糖といえば腸内の善玉菌のエサとなる大切な成分ですね。
ダイエットで食事制限を行うと最も影響を受けやすい腸内の環境を整えてくれるというわけです。

 

血糖値を上げない

もうひとつ、イヌリンの特徴として挙げられるのが、血糖値を上げないという性質です。
食事によって栄養素が摂りいれられると、膵臓からインスリンという物質が分泌されて血糖値を抑える働きをします。
このインスリンは血糖値を抑えると同時に、余分な糖を脂肪にして蓄積する作用を持っています。

 

イヌリンはインスリンの分泌を抑える働きがあるため、この脂質の蓄積を防いでくれる、というわけです。

 

まとめ

最近注目の成分だけあって、ダイエット用のサプリにはイヌリンを含むものが増えてきています。

 

ただ、製品によっては天然の植物由来のイヌリンではなく、化学的にイヌリンと同じ分子構造を持つ物質を合成して添加している場合があります。
イヌリンをサプリメントで摂ろうと考えているなら、天然素材の菊芋粉末などを含むものを選ぶことをお勧めします。

 

晩秋になると出回る菊芋は、60%近くを水溶性食物繊維が占め、イヌリンが最も豊富に含まれる野菜です。
見かけたらぜひ食卓に取いれてみてください。

関連ページ

長寿遺伝子サーツーで肥満予防改善しよう!【ダイエット最新情報】
長寿遺伝子サーツーのスイッチがオンになって活性化すると、インスリンの生成と伝達を抑制し、体脂肪が増えるのを防ぐように働き、肥満の予防と改善に効果を発揮するのです。
菊芋がダイエットに効果的である4つの理由
菊芋は血糖値対策として有名ですが、実はダイエットにも優秀な効果を発揮してくれます。今回は、菊芋がなぜダイエットに有効であるのか、その理由についてお伝えいたします。

このページの先頭へ戻る